プロフィール

舛廣 純子 ますひろ じゅんこ

フリーランスキャリアカウンセラー/講師

日本女子大学人間社会学部文化学科卒

国家資格キャリアコンサルタント

米国CCE,Inc.認定 GCDF-Japanキャリアカウンセラー

JCDA認定 キャリア・ディベロップメント・アドバイザー
Points of You® エバンジェリスト

 

 

~Message~

キャリアカウンセラーの仕事をし始めて、10年近く経ちますが、自分が大学を卒業する時には、まさか今のこの仕事をしているなんて思いもよりませんでした。

 

新卒で入社した化粧品商社を皮切りに、PR代理店、人事コンサルティング会社の3つの会社で、営業、営業事務、広報、ブランド担当、人事といろいろな仕事はしてきましたが、ずっと「仕事」「働く」ということは好きでした。その一方で、子育てとの両立、会社の民事再生、子育て女性の再就職の壁、転職の失敗。。。と、働く中で人並みに悩み、壁にぶち当たる経験もしてきました。

 

「働くことが大好きな自分だからこそ、働くことに悩んでいる人の力になりたい」

「キャリアカウンセラーという仕事が私が大卒の時に注目されていなかったように、これから新たな仕事、新たな働き方はどんどん増えていくはず。どんな時でも、人がキャリアを自分らしく選択できることをサポートしたい。」

私のキャリアカウンセラーになろうとした原点はそこにあります。

 

大学生にとって就職活動は初めての経験。

「働くこと」への壁を感じる瞬間であり、だからこそ大きく成長する機会でもあります。

一人一人の学生が、自分の進路に向き合い、自分と社会を知り、自信を持って、自分の道を決めるそのプロセスに、時にはキャリアカウンセラーとして、時には講師としてかかわることで、「働くことの楽しさ」「自分で道を選ぶことの大切さ」を伝え、「自分のキャリアを自分でデザインする力」を育むことを大事にしています。

個別キャリアカウンセリングや指導においては、もちろん、志望企業に向けての内定獲得を目指し、テクニカルなアドバイスもしますが、社会に出てからも企業で貢献し、自分のキャリアを力強く歩んでいける力を育むことも同じぐらい重要視しています。

 

また、自身も2児の母であることもあり、学生の支援を通して、親子関係の大切さもひしひしと感じています。

「就活生の親御さん」の支援も、拙著「就活生に親が言ってはいけない言葉 言ってあげたい言葉」の出版やセミナー、個別カウンセリングを通して行っています。就活期の我が子とのかかわりに悩んでいる親御さんとお子さんのよりよい関係、ひいては学生の幸せな就職の力になれればと思い、日々活動しています。

 

 

活動内容・実績

◆私立大学キャリア関連授業のプログラム開発 スーパーバイザー及び講師

◆高校生、大学生の就職活動やキャリア関連セミナーの企画、プログラム開発及び講師

◆就活生の保護者向けセミナーの企画、プログラム開発及び講師

◆公共機関でのキャリア系セミナーの講師

◆コミュニケーション系セミナー(アンガ―マネジメント)の講師

◆個別キャリアカウンセリング(対面、電話、メール)

◆就職・キャリア関連の書籍・記事の執筆

※セミナー講師は少人数のワークショップから、数百人規模の講演型まで対応可能

 

 

※学生の個別就職支援においては、学生の力を見出し、就職力を育み、、志望企業への就職を支援する中で、高い就職率を達成してきている。

経歴

現在に至るまでのキャリアの詳細については、以下の取材記事をご覧ください。

http://ordinary.co.jp/people/2051/